既卒・第二新卒の方必見!おすすめの就職エージェントを厳選し、比較ランキング形式でご紹介します!

就職活動で確認しておこう!働き方や福利厚生について

公開日:2021/02/15  最終更新日:2020/11/25


既卒・第二新卒での就職は勇気がいるという人も多いです。新卒よりも内定率が低くなりがちなので、焦って就職先を決めてしまうケースも少なくありません。しかし、焦って選んだ会社に入社すると、のちに後悔する可能性が高くなるので注意が必要です。そのため企業を選ぶ前に、働き方や福利厚生面をきちんと確認しておくことが大切です。

既卒や第二新卒歓迎の会社を探すことの大切さ

就職を成功させるため、既卒や第二新卒の人材を歓迎している会社の求人情報を探すことが非常に効果的です。新卒サイトからの応募では新卒がライバルとなるため非常に倍率が高くなってしまいがちですが、既卒歓迎の求人であれば不利になりにくいので自分に合った仕事を得やすくなります。

ただし、新卒の求人を諦めなければならないという訳ではありません。卒業後3年以内であれば新卒用のナビサイトを使うことができます。新卒の人材がライバルとなるため難易度は上がりますが、希望する求人情報が多く得られるのでチャレンジしてみる価値はあるでしょう。

また、中小企業にも目を向けて情報を探すことが大切です。大手企業は新卒の就活生の応募が全国から殺到するためすぐに採用枠が埋まってしまいがちですが、中小企業なら売り手市場であり、希望する業界や働き方を探しやすくなります。

ネームバリューにこだわりすぎず、自分のやりたいことや福利厚生等の待遇を優先して考慮する方がよいです。大手企業でもブラック企業と呼ばれる会社はありますし、ネームバリューだけで会社を選ぶのは危険です。

中小企業でも成長性があり一人一人のスキルを向上させることのできる会社に就職できれば、ビジネスパーソンとして大きく成長できるでしょう。既卒・第二新卒の就職を成功させるためには、多くの企業を選択肢に入れて活動することが重要です。

新卒に負けないスキルを身につけて戦う

既卒や第二新卒の人が新卒の人に負けない就職活動を行うため、スキルをつけて自分自身の付加価値を高めておくことが必要です。応募したい業界や企業で役に立ちそうな資格を取得しておけば、いずれ大きな武器となってくれるでしょう。既卒者が面接を受ける場合には、卒業後に取り組んでいたことを聞かれる可能性が非常に高いです。

そのようなときは、業務に役立つ資格の勉強をしていたことやスキルの習得に励んでいたことを伝えると印象がよくなります。実務で役立つアルバイト等をしていた経験談を話すのもよいかもしれません。第二新卒であれば、前職で得たスキルを話すのもおすすめです。

即戦力として期待してもられれば採用率もアップします。工夫していたことや希望する業界で役立つスキルをアピールしておきましょう。希望する会社から内定をもらえるスキルを身につけていれば、企業から選ばれるだけでなくこちらも就職先を選ぶことができます。

リモートワークが可能な会社や将来独立するための力をつけられる会社など、自分の理想に応じて入社する会社を検討していくのがおすすめです。そして福利厚生も忘れてはいけない大切な側面です。給与形態や休暇取得率、産休育休の取得率などさまざまな情報を収集しておく必要があります。焦らず納得のいく企業を選びましょう。

入社前に福利厚生や働き方について調べることの重要性

既卒や第二新卒で就職先を探す人の多くが、なかなか求人が決まらなくて焦ってしまいがちです。そうした状況の時に、あまり会社について調べずに就職先を決めてしまうと、後になって後悔する可能性が高いといわれています。企業を探す上で業務内容ややりがいが大切であることはいうまでもありませんが、意外と見落としがちなのが福利厚生や働き方についてです。

長く働きたいと考えているのであれば、後悔しないためにも企業情報をより詳しく調べましょう。入社する前に企業のことを詳しく調べる方法の一つに、エージェント利用があります。自分だけでは調べきれないような情報を教えてもらえるので、積極的に活用するのがおすすめです。気になることを質問できるので、頼れる存在になるでしょう。

また、その会社で働く人に話を聞くことができる機会があれば、ぜひ活用しましょう。OBやOGがいる場合や知り合いがいる場合、話を聞かせてもらえないかお願いしてみるとよいかもしれません。

実際にその会社で働いている人の声を聞くことができれば、自分がその企業に適しているかどうか判断するのに役立ちます。そうした人脈がない場合はインターネットや四季報の情報を活用して、入社前にできる限り情報を集めておきましょう。就職活動は選ばれるだけでなく、自分に合った会社を選ぶ大切な過程です。

 

既卒や第二新卒でも、工夫すれば納得のいく就職先を見つけることが可能です。中小企業に目を向けたり、既卒歓迎の会社を選択肢に入れることで自分の可能性も広がります。また自分自身のスキルを高めておくことも大切です。さらに働き方や福利厚生についてもきちんと確認し、入社してから後悔しないようにしましょう。

就職エージェントランキング!

商品画像
商品名就職Shop(株式会社リクルートキャリア)マイナビ20's(株式会社マイナビ)ウズキャリ(株式会社UZUZ)ハタラクティブ(レバレジーズ株式会社)
特徴大事なのは経験より相性!書類選考なしの企業を紹介人材紹介の大手マイナビ提供の就職エージェント!入社1年後の定着率は94.7%!15年以上に上るキャリアサポート実績!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧