既卒・第二新卒の方必見!おすすめの就職エージェントを厳選し、比較ランキング形式でご紹介します!

第二新卒で就職できない!?よくある失敗パターンとは?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/04/28

既卒者が就職後に短期間で会社を辞めたり、就職に失敗した方を第二新卒と呼んでいますが、その後の就職活動に難航している方も多いのではないでしょうか。どうして就職できないのかを今一度振り返ってみて、考え方を変えてみる方法や立場をわきまえてみる方法、自力では不可能と判断した際の対処法などもあるので、紹介していきます。

有名企業にこだわり過ぎる方は苦労することが多々ある

既卒者で第二新卒となった方が、なかなか次の就職先を見つけることができない理由は人によって異なります。最も目立つ理由として有名企業にこだわり過ぎていることがあげられます。既卒者で第二新卒であれば、初歩的なビジネスマナーを身に付けている方もいますが、国内には大企業よりも中小企業の方が圧倒的に多く数を占めています。

社会経験の少ない方は、当然ながら会社名こそ表にはでませんがあらゆる業界で活躍する会社や意外な優良企業などを把握していないことが多く、テレビコマーシャルなどでお馴染みの企業にしか目を向けずに、もっと言えば該当する有名企業以外は不安が強いという方も存在しています。

この条件にこだわり続けている方はいつまでたっても就職活動に失敗してしまう傾向が非常に強く、考え方を変えてみることが必要です。自分が聞いたことが無い企業でも優れた会社は多数あり、寧ろ大企業よりも待遇が良かったり、働きやすい環境の会社も数多くあります。

このような考えを持つ第二新卒の方は、まずは目標としている業界を絞った上で、業界調査を徹底的に行うと、今まで知らなかった企業と出会える可能性は高まります。

会社情報はホームページを持つ会社であればいつでもネットで調べることができるので、営業内容と業務内容、会社の強みや社風、更に資本金や売上高までも確認することにより、応募したいと感じる会社の範囲を広げることができます。

給料や待遇面にこだわり過ぎることは要注意

既卒者の方で短期離職や就職に失敗した第二新卒の方は、卒業した学校に入る求人は既に使うことができないので、自力で仕事探しをすることが求められます。何社もアタックしても失敗を続けている方の中には、応募する会社の給料や待遇面にこだわっている方が多いとも考えられます。

実際に自分でラインを引いている方も多く、最低でも220,000円以上としていたり、土日祝休みの週休二日制を絶対条件に入れていたり、時間外労働をゼロにしている会社に限定している方が多いことも珍しいことではありません。

ここで注意したいことは、会社側が提示していることが全てではないということも情報として知っておく必要性はあります。例えばそこそこの有名企業で給料を250,000円としていて、土日祝を休みで求人募集を掛けていても、実態は残業時間や休日出勤が多く、給料の中に全ての手当てが含まれているという事例も無くはありません。

給料は当然ながら高いほど働き甲斐も感じるものですが、労働時間とのバランスというものがあるので、無理な時間外労働などが多い場合は長続きすることができません。給料や待遇面に一定のこだわりを持つことは決して悪くはありませんが、給料の額面と仕事量は比例することが多い傾向にあるので、この点にも留意して探すことが賢明ではないでしょうか。

また、初任給が高くても数年後に得ている収入は伸びがない企業もあれば、初任給は低くても評価されれば短期間で給与アップする会社もあるので、こちらもネットからの情報を確認することも良い行動です。

完全に自力では難しいと感じた際に利用できる頼れるパートナー

既卒者が第二新卒として新しく就職先を探す際には、学校は使えないので自力で探すことが前提にあります。住んでいるエリアに対応しているハローワークを利用する方法や、各種求人雑誌から探す方法、友人や知人、親戚など知っている身近な方に頼ってみる行動も良い結果を生み出す可能性があります。

これらの方法でも就職先が決まらず失敗を繰り返しているようであれば、インターネット上のサービスを利用する方法が最も効果的かもしれません。既にインターネットを利用している方はご存知なサイトかもしれませんが、就職・転職サイトに分類されるサービスを提供する会社です。

全国的に有名な運営会社のサイトも複数あり、事前に登録作業を行えば、完全に全ての機能を無料で使えることも特徴です。就職・転職サイトを利用する際には、頼れるパートナーになる優遇サービスを付帯させているサイトの利用が推奨できます。

具体的には専任のスタッフによる面接指導や提出書類の添削支援や、希望する条件にマッチしている企業情報をリアルタイムでメール配信しているサイト、スタッフにいつでも相談できるように電話やメール、チャット機能などがあれば更に利便性は高まります。

中にはエージェントサービスを提供するサイトまであり、こちらは少しでも就業経験がある第二新卒の方か、学生時代に特筆すべき優れた技能を有している方が対象になります。就職・転職サイトは長期利用でも無料なので登録しておいて損はしない優れた仕事探しの方法です。

 

第二新卒の方が就職先を決めるには、自力での行動になりますが、何度もチャレンジしても就職できない方は存在します。対策はこだわり条件を見直すことや、雑誌や施設、知人など多くの方に話を聞くこと、最後に定評のある就職・転職サイトに登録することで願いは叶えることは不可能ではありません。

就職エージェントランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名第二新卒エージェント neo(株式会社ネオキャリア)就職Shop(株式会社リクルートキャリア)マイナビ20's(株式会社マイナビ)ウズキャリ(株式会社UZUZ)ハタラクティブ(レバレジーズ株式会社)
特徴1名あたりの平均サポート時間は8時間!大事なのは経験より相性!書類選考なしの企業を紹介人材紹介の大手マイナビ提供の就職エージェント!入社1年後の定着率は94.7%!15年以上に上るキャリアサポート実績!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事




サイト内検索