既卒・第二新卒の方必見!おすすめの就職エージェントを厳選し、比較ランキング形式でご紹介します!

既卒の就職が厳しいはウソ!?既卒から正社員を目指す方法とは?

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/07

既卒は新卒と比べると就職率が厳しい傾向があると言われていますが、実際には既卒でも正社員として就職している人がたくさんいます。就職が厳しくなる理由や正社員として働くためのポイントを理解しておくと、既卒の就職活動に有利となります。

既卒の就職が難しいと言われている理由は何か

もし同じ実力を持っている新卒者と既卒者がいると、企業側は優先的に新卒者を採用する傾向にあります。新卒者は一般的なルートで就職活動ができているという、表面的な判断がなされるからです。

既卒者はなぜ大学を卒業してから職に就いていないのかという、企業側の疑問があるため何か問題があるという表面的な理由で判断されがちです。一般的には在学中に活動を行い、すでに卒業前には務める先が決まっているという流れから外れている人を採用したがらない傾向があります。

既卒者は新卒にはならないので中途採用での募集へ応募しますが、中途採用を求めている場合は即戦力があったり経験者を必要としています。実はすでに社会経験があり、その業界でも様々な知識をすでに持っていて即戦力になる人を採用したいと考えているからです。

しかし卒業してから数年の間に、社会的な経験が身についているのかといえば企業から見るとわかりません。卒業した後一旦職に就きし、退社した人は第二新卒と呼ばれ、その場合は数年の間でも社会経験があるといえます。

一般的には社会経験がない既卒者も新卒者と同様の枠で応募することができますが、新卒者に紛れていれば新卒者を優先することが多いです。こういった問題が既卒者の活動を厳しくしていますが、最近は時代の流れもあり積極的に若い世代を受け入れている企業もあります。

既卒から希望する就職先で正社員になる方法は?

書類選考を通り面接になると必ず聞かれることが、新卒で仕事に就かなかった理由ですが、そこにしっかりとした理由があればイメージを変えることができます。新卒で卒業したかったができないという場合もありますが、それ自体は事実で仕方のないことです。

しかし面接時にはそれだけで終わるのではなく、そのあとにポジティブな話へ繋げていくことが大切になります。採用されなかった理由が働きたくなかったとか、大手企業にこだわりすぎたなどの場合、反省点を企業側へしっかりと伝えるようにします。卒業してから働く意欲が湧き、新しく興味が湧いた分野も見つけて、真剣に取り組みたくなったという理由がポジティブになります。

ネガティブな事実があっても次第にポジティブな会話にしていくことで、企業側へ与えるイメージも大きく変わります。基本的には新卒ではないから仕事に就けないとか、正社員になれないなどという決まりはなく、アルバイトで採用されたのち正社員になる方法もあります。新卒の場合は正社員枠として採用されることが多いですが、中途採用になればアルバイトや契約社員からのスタートも一般的です。

この場合、社会経験も少ないためアルバイトや、契約社員など別の雇用形態で採用されたのち、社内で実績を積むこともできます。企業から認められればそのあとに、正社員になる方法もあるので、新卒で活動しなかった理由ははっきり話して相手に伝えることが大切です。

既卒と第二新卒には就職率の違いはある?

既卒と第二新卒の対象となる人は、世代が同じになりますが新卒で仕事をしていたかの違いがあります。第二新卒は新卒から3年くらいで退職し、再就職を希望している人のことを指しますが、このような世代は転職市場でも需要が高いです。

一般的には若い世代であれば就職は簡単にできるとされていますが、第二新卒の場合も経験が浅いためデメリットになるのではと考えられがちです。最近は新卒採用だけは人材がまだ足らないというほど、成長を成し遂げている企業もあります。また新卒で就職しても退職率が高いため、同じような世代の人材を求めている企業も見られます。

こういったところを見つけられると、需要がありますし正社員以外の雇用形態から始めることもできます。既卒や第二新卒をターゲットにした就職エージェントもあり、書類選考だけで落とされていた場合も有利になります。新卒ではない正社員の採用は厳しいと思われがちですが、実は情報収集の場所を変えると需要があります。

正社員として働きたくても実際には厳しいと考え、違う雇用形態から昇進していくということが望ましいです。このようにハードルを下げれば意外とたくさんの求人があり、新卒ではなくても自由に活動を行うことができます。大学を卒業してから数年の間、何かを経験してきたのであればそれをアピールポイントにすることで企業側のイメージも変わります。

 

既卒者が正社員として働くには、新卒採用にこだわっていない企業を選択したり、専門エージェントを通すこともできます。正社員で採用されることは厳しいという考えとは違い、アピール次第では逆に有利になることもあります。アルバイトや契約社員など、他の雇用契約でも社会経験を積み、正社員になることもできます。

就職エージェントランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名第二新卒エージェント neo(株式会社ネオキャリア)就職Shop(株式会社リクルートキャリア)マイナビ20's(株式会社マイナビ)ウズキャリ(株式会社UZUZ)ハタラクティブ(レバレジーズ株式会社)
特徴1名あたりの平均サポート時間は8時間!大事なのは経験より相性!書類選考なしの企業を紹介人材紹介の大手マイナビ提供の就職エージェント!入社1年後の定着率は94.7%!15年以上に上るキャリアサポート実績!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事




サイト内検索