既卒・第二新卒の方必見!おすすめの就職エージェントを厳選し、比較ランキング形式でご紹介します!

【既卒の面接】よく聞かれる質問集と効果的な回答テクニックを伝授

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/07/15

新卒者の就職や第二新卒者の転職とは違い、既卒者の就職活動はかなり困難になることが予想されます。また、就職では面接が必ず行われますが、そこで質問される内容はどんなものなのでしょうか。ここではその質問事項の内容と効果的な回答例について記述していきます。

既卒者の就職活動には適切な方法がある

それでは既卒者の就職活動の現状というものはいったいどうなっているのでしょうか。昔とは違いライフスタイルが大きく変わったこの現代では、こうした既卒者と呼ばれる人たちは少なくありません。

そもそも既卒者とは学校を卒業して一度も就職をしていない人たちのことですから、就職をしないでアルバイトで生活している人たちも含まれるのです。フリーターと呼ばれている人たちもこの既卒組になります。

また、単純に既卒者と言っても、卒業してどのくらいの期間が経過しているのかという問題もありますから一概には言えないのですが、一般的にはこの既卒者の就職は大変に困難である場合が多いです。

たとえば、新卒者には多大なる成長が期待できますし、第二新卒者にはある程度の社会の常識や経験を持っていますから、企業側としては採用しやすいと言えるでしょう。しかし、既卒者にはそれがありません。これが就職を困難にしている主な理由だと言えます。

こうした不利な立場から自分の理想に近づけるために就職活動をするとき、その活動方法一つで理想の就職を果たすこともできるのです。既卒組には適切な就職活動のコツというものがあります。その方法なしで自分だけで活動しても、なかなか思うようには事が運ばないでしょう。就職活動は妥協せずに行いたいものです。

面接で既卒のイメージを払拭させるコツ

前述したように学校を出て職に就かずに数年経ってしまった場合、やはり新たに就活をする場合には大変に厳しい状況になります。

しかし、これはけっして新卒や第二新卒ではないから職に就けないということではありません。正社員になることができないのではなく、新卒や第二新卒よりもその活動は困難になってしまうということです。

中には自分の理想とするような仕事や職場に入ることができた人もいます。そういう人たちはやはり就活の方法を知っていたと言えるでしょう。既卒という立場で就活をするためには適切な活動方法というものがあります。

求人情報誌や新聞の求人欄など自分一人で求人を探したり、応募するときに自己流で履歴書などの必要書類を作成したり、また面接試験も独自の受け答えをしてしまうと成功するのは難しいでしょう。

既卒者の就活が困難になってしまうのは、その多くは企業側から見たイメージが大きな問題になっている場合です。たとえば、面接試験では当然のことのように志望動機が問われますが、それと同時にどうして新卒という立場で就活をしなかったのかという質問もあります。

皆、社会へ飛び立とうと必死で就活をしているのですから、その波に乗らなかったのはどうしてなのかを問われます。この質問に明確に答えることが就活を成功へと導く最大のポイントとなるでしょう。

飾ることなく真実を話すことが大事

既卒の面接の際に必ず質問されるものが、就活をなぜしなかったのかという質問です。これに対する答えで大切なことは、正直に答えることです。たとえば、なにかやりたいことがあったからとか、ほかに自分に向いている仕事はないか探していたとか、そしてそれが成功だったのかどうなのかも飾ることなく回答するべきでしょう。

次に多い質問が、今まで何をしていましたか、というものです。これも包み隠さず真実を述べることが大切でしょう。キレイごとばかりを並べても、プロの面接官にはすぐに見破られてしまいます。ただし、その答えの随所に、就活をしなかったことを今では後悔している、という意味合いを含ませることが重要です。

今はインターネットが自由に使える便利な時代ですから、これを上手に活用して就活を行うことがおすすめです。専門のエージェントなどが提供しているサービスを利用して、自分の理想的な就活を成功させている人も多いです。

ここではフリーターや第二新卒などの就活支援サービスをしています。特に社会人経験がなく、学校を卒業して就活せずに時間が経ってしまったという人にとっては最適なサポートです。

エージェントが提供しているサポートは、その人に合った求人を紹介するほか、就活のために必要な面接や自己PRなどの対策、基礎的なビジネスマナーや仕事に対する考え方などもアドバイスしています。

 

学校を卒業して職に就かずに数年経ち、新たに就活をしようとした場合には、面接のときにどうして就活をしなかったのかを問われます。その回答としては、やりたいことがあったとか、自分に適切な職を探していた、という回答がベストでしょう。ただし、就活をしなかったことに後悔しているという意味合いを含ませることが大切です。

就職エージェントランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名第二新卒エージェント neo(株式会社ネオキャリア)就職Shop(株式会社リクルートキャリア)マイナビ20's(株式会社マイナビ)ウズキャリ(株式会社UZUZ)ハタラクティブ(レバレジーズ株式会社)
特徴1名あたりの平均サポート時間は8時間!大事なのは経験より相性!書類選考なしの企業を紹介人材紹介の大手マイナビ提供の就職エージェント!入社1年後の定着率は94.7%!15年以上に上るキャリアサポート実績!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事




サイト内検索