既卒・第二新卒の方必見!おすすめの就職エージェントを厳選し、比較ランキング形式でご紹介します!

既卒の就職を成功させる仕事選びのポイントとは?

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/07/15

既卒とは、学校を卒業してから3年以内に一度も就職していない人のことを言います。新卒は内定率が約8割あるにも関わらず、既卒は何と4割程度となっています。そのため、転職を成功させるためには新卒での転職活動とは違った攻め方、ノウハウなどが必要になります。

既卒歓迎の求人を受けるようにする

就職を成功させるためには、既卒歓迎の求人を受けるというやり方が最もやりやすい方法の一つでしょう。新卒サイトからの応募では新卒がライバルになりますが、既卒歓迎の求人であれば不利になりにくく、内定を得やすくなるはずです。ハローワークでも、既卒の求人を探すことができます。

しかし、ハローワークでは求人数が多く、その中に労働条件の悪い企業の求人が混ざっていることがあるので注意しましょう。求人を探す時は「この条件は外せない」という条件を設定し、その条件を満たした求人だけに絞ることで、仕事も探しやすくなるはずです。

また、既卒や第二新卒向けの就活ナビサイトもあり、このようなサイトを利用すれば、職歴がなくても不利な状況に陥ることはありません。企業の採用意欲も高いので、安心して就活を続けることができます。

就活ナビサイトによっては、面接対策や自己分析、企業研究などを開催しているので、就活対策としても利用することができるでしょう。新卒になっても卒業後3年以内ならば、新卒用のナビサイトを使うこともできます

ただし、ライバルが新卒となるため就職の難易度は上がりますが、求人の質が最も高いので、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。新卒でなかったとしても「既卒可」の条件で検索できるものを利用すれば、不利にならないような求人をたくさん見つけることができるので、おすすめです。

中小企業やベンチャー企業を狙ってみる

大手や人気企業の場合は買い手市場となっており、就活生にとって不利な状況となっています。大手企業はネームバリューの高さや待遇の良さから全国から応募が殺到します。新卒者の採用だけで採用予定人数を簡単に補うことができてしまうため、既卒や第二新卒は避けた方がいいでしょう。

一方、中小企業は売り手市場となっており、新卒の確保に苦戦した企業がたくさんあります。そのような企業を重点的に攻めていけば、就職活動で満足できるような結果も出やすいでしょう。

大手企業にこだわってしまえばしまうほど、就活に失敗してしまう確率がアップします。中小企業よりも大手や一流企業に入社したいという人が多いですが、大手の企業にもブラック企業があるということを忘れてはいけません。また、大手企業には人が多く、上の世代が大量にいるため、若手社員は給料を急激に上げられないというデメリットも存在します。

一方、ベンチャー企業や成長性がある企業では、成果を上げていれば昇進や昇給のスピードも速くなります。ベンチャー企業では、一人ひとりが業務に幅広く携わるということもあり、様々なスキルや経験を得ることができるため、ビジネスパーソンとして素早く成長することができるのです。中小企業やベンチャー企業だったとしても、成長性があったり、ホワイトの企業を選ぶようにすれば不満も少ないでしょう。

スキルを身につけたり面接対策をしたりする

難しいですが、既卒でも大手の企業などに就職する方法があります。対策としては、何かしらのスキルを身につけるという方法があります。既卒者は、基本的に新卒者をライバルとして就職活動を行うことになります。そのため、何かしらのスキルを身につけ、それをアピールすることができれば、採用で競り勝つ可能性もアップするのです。

第二新卒のように実務経験はないので即戦力とまではいきませんが、自分が応募したい業界、企業で役に立ちそうな資格を取得すれば、ハンデをなくすきっかけになるかもしれません。就職や転職に役立つ資格を取っておくことが、就職する上でとても大きな武器になってくれるでしょう。

既卒者は、面接で「卒業後は何をしていましたか」「既卒期間に取り組んだことは何ですか」という質問をされる可能性が高いです。そんな時は、業務に必要な資格の勉強していた、業務に活かせるアルバイトをして実務経験を積んでいたなど、応募する企業に関連しそうなことを伝えると良いでしょう。

質問に対して面接官を納得させる回答ができなければ、転職で不利になってしまうかもしれません。きちんと自己分析をし、就職しなかったことを改善する姿勢を見せることができれば、内定を取ることも可能となります。新卒に負けないように、しっかりと面接対策をし、自分と企業の研究に時間を掛けるようにしましょう。

 

既卒の場合、新卒や第二新卒の時と就活する時の攻め方が違います。新卒と比べ、就活が不利であることは間違いありませんが、そのハンデを埋めるために努力するという姿勢を見せれば、採用担当者からの印象も良くなるはずです。

就職エージェントランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名第二新卒エージェント neo(株式会社ネオキャリア)就職Shop(株式会社リクルートキャリア)マイナビ20's(株式会社マイナビ)ウズキャリ(株式会社UZUZ)ハタラクティブ(レバレジーズ株式会社)
特徴1名あたりの平均サポート時間は8時間!大事なのは経験より相性!書類選考なしの企業を紹介人材紹介の大手マイナビ提供の就職エージェント!入社1年後の定着率は94.7%!15年以上に上るキャリアサポート実績!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事




サイト内検索