既卒・第二新卒の方必見!おすすめの就職エージェントを厳選し、比較ランキング形式でご紹介します!

ウズキャリの画像1

第二新卒・既卒の方におすすめの就職エージェント第2位は、UZUZ株式会社が運営する「ウズキャリ」となりました。

ウズキャリは、新卒至上主義の日本で、既卒・新第二卒の若者のキャリアを魅力的にすべく、最高仕事を提供するために勤しんでいる、就職エージェント。運営元のUZUZ株式会社は、2012年に設立された、非常に現代的なIT系ベンチャー企業となっています。

設立から、まだ10年にも満たないこの若い会社が、2位という順位になったのは、将来性を覚えるところもありますが、では、このウズキャリの一体どういったサービスが若者に支持されているのでしょう?

おすすめポイント入社1年後の定着率は94.7%!

第二新卒の内定率は86%以上!

ウズキャリ(株式会社UZUZ)の画像2

ウズキャリでは、従来のような人を右から左に流すタイプの就活サポートをしていません。一人ひとりと向き合って、仕事に関連した情報を詳細に説明し、非効率とも取れるやり方でミスマッチを防いで、20代の既卒・第二新卒・フリーターの若者たちをサポートしています。

しかし、その非効率な方法で、サポートした若者たちの入社1年後の定着率は94.7%となっており、第二新卒の内定率も86%と、高い数値を記録しています。またそのサポートにかける時間も平均20時間に及ぶなど、後押しに余念がありません。しかも利用料は無料なので、利用者にとっては何ともありがたい話でしょう。

そもそもUZUZ株式会社の設立には、社長が第二新卒で、新卒後に挫折→退職→第二新卒から立ち上げられたという経緯があり、従業員自体も既卒や第二新卒から採用した人材が多いようです。

そのため、共感性に富んだサポートが行われており、既卒・第二新卒にとって、安心感が得られる求人紹介が為されます。

ウズキャリの画像

ウズキャリ(株式会社UZUZ)

入社1年後の定着率は94.7%!

公式サイトで詳細を見る

まずは1分の適職診断からスタート!転職にともなう退職のアドバイスもあり

ウズキャリ(株式会社UZUZ)の画像3

ウズキャリの公式サイトに設置された1分でできる無料の適職診断は、登録不要のため、すぐに診断することが可能。なお登録も無料となっており、30秒ほどで完了します(※登録は18歳~29歳までとなっています)。

登録後は、キャリアカウンセリングや面接対策が受けられるようになっており、他にはビジネスマナーやマインド研修といった講座も用意しているので、あらかじめ社会人としての常識を踏襲できるので、入社後のギャップを最小限に抑えられるでしょう。

また、入社後のサポート体制も整備されているため、何かしら困ったことがあった場合も相談できるよう配慮されています。ちなみに、20代専門の退職支援サービス「リスタート」も無料で実施されているので、円満退職できるかなど、退職に関する悩みも相談可能。

ウズキャリの画像

ウズキャリ(株式会社UZUZ)

入社1年後の定着率は94.7%!

公式サイトで詳細を見る

ウズキャリのメリット・デメリット

ウズキャリ(株式会社UZUZ)の画像4

メリット

①求人がIT・ベンチャー系に特化している
ウズキャリの求人は、IT・ベンチャー系の企業が特に充実している傾向にあるようです。主な取引先はLINEやクラウドワークス。サイバーエージェント、ランサーズなど、この筋ではかなりの求人を保有している様子。

②職業訓練スクール「ウズウズカレッジ」が無料で利用できる
ウズキャリでは、「ウズウズカレッジ」という職業訓練スクールを運営しており、こちらは既卒・第二新卒・フリーター向けの無料の人材育成コースとなっています。

ウズキャリは、このスクールを受講できることが独自の強みとなっており、あらかじめ職業訓練を受けてスキルを身に付けておけば、職歴のない既卒・フリーターでも、スキルを評価され、内定率の上昇が狙えるよう取り計らっています

なお、このウズウズカレッジのキャンパスは、新宿、横浜、大阪に構えられています。

③退職支援サービス「リスタート」で退職の悩みを解決できる
ウズキャリでは、転職にあたって悩みの種となる退職をサポートする、「リスタート」というサービスを実施しています。このサービスがスタートした背景には、「ブラック企業を辞めたい」「もっとお給料のいいところに勤めたい」など、様々な事情で勤務先に退職を伝えられない人も少なくないことが関係しており、そんな人がスムーズに転職できるよう、退職からサポートするサービスが生まれました。

デメリット

①拠点が限定的
2020年2月時点で、ウズキャリの面談サポートが受けられるのは東京と大阪のみで、名古屋と福岡は電話相談のみとなっています。IT企業・ベンチャー企業の求人紹介に特化しているのもあってか、そのような企業はやはり都市部に集中しますし、やむを得ないのかもしれません。

②面談時間が長い
この平均20時間に及ぶ面談は、よく言えば親身、悪く言えばダルい、という両極端な要素があります。気が短い人にとっては、苦痛となるのは否めません。説明が長時間に及ぶことから、長話を聞くのが苦痛となることも考えられるでしょう。

③紹介先がIT企業に偏っている
先述したように、ウズキャリ運営元の主な取引先がIT企業に集中しているのもあってか、紹介する求人もその系統の企業に偏りがちな面が見られます。ただしそのIT企業とのコネが強いのもあって、その筋での定着率は非常に高いというのも事実。

ベンチャー企業であるため、まんべんなくカバーするのは限界があるものの、結果的に定着率に繋がっているのを考えると、仕方ない部分もあるのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?少々業種がピンポイントで、手間はかかりそうなエージェントかもしれませんが、その分サポートが集中的に行われるため、長期的に見れば納得のサービスを提供しているとも考えられます。

もちろん、サービス内容がかなり凝縮しているのもあってか、それがわずらわしくなる懸念もあり、かなり向き不向きが分かれるタイプの就職エージェントなのは否めません。しかし社会に入れば、このとき以上に苦境に立たされることは何度も起こり得ますし、それをカバーするという意味でも、このようなサポートが後々活きてくるのではないでしょうか。

特にIT系の企業を目指す方にとっては、有意義なサポートが受けられるため、その道へ進みたい方は、とりあえず登録してみましょう。

ウズキャリの画像

ウズキャリ(株式会社UZUZ)

入社1年後の定着率は94.7%!

公式サイトで詳細を見る
                    




サイト内検索

就職エージェントランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名第二新卒エージェント neo(株式会社ネオキャリア)就職Shop(株式会社リクルートキャリア)マイナビ20's(株式会社マイナビ)ウズキャリ(株式会社UZUZ)ハタラクティブ(レバレジーズ株式会社)
特徴1名あたりの平均サポート時間は8時間!大事なのは経験より相性!書類選考なしの企業を紹介人材紹介の大手マイナビ提供の就職エージェント!入社1年後の定着率は94.7%!15年以上に上るキャリアサポート実績!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく