既卒・第二新卒の方必見!おすすめの就職エージェントを厳選し、比較ランキング形式でご紹介します!

第二新卒の退職理由の伝え方とは?面接官を納得させる例文付き

公開日:2020/05/01  最終更新日:2020/04/28

昨今では既卒で就職した後に短期間で転職を行う第二新卒の方も珍しくありません。その際に重要となるのが退職理由です。真っ当な退職理由がなければ転職活動で不利になってしまいます。そこで第二新卒の場合の退職理由について解説していきます。

第二新卒の退職理由で重要なポイント

第二新卒での転職は経歴の短さがディスアドバンテージになりますが、それをカバーするためには退職理由を明白に伝えることが大切です。第二新卒の退職理由として重要となるのがいかにポジティブな内容であるかということであり、実際の理由がネガティブであったとしてもポジティブに伝えるようにしましょう。

例えばノルマが厳しいという退職理由があった場合でも、それをそのまま伝えてしまうと心証が悪くなる可能性が高くなります。その場合には単にノルマが厳しかったことのみを伝えるのではなく、ノルマに対して懸命に努力したこと、ノルマが常軌を逸した量であったことを詳細に伝えるようにしましょう。

また、人間関係を理由として退職する方も少なくありません。そのような場合に人付き合いが苦手と伝えてしまうと、採用に不利となる恐れがあります。なぜ人間関係が上手くいかなかったのかについて、その職場の特徴と自身の反省点を総合的に話すことが大切です。

決して職場の悪口にならないようにすることが重要となります。前の会社で人間関係が上手くいかなかった場合には、次の会社ではどういったことを心がけるのかといったことを織り込むことが有効といえます。人間関係を理由として転職する方は少なくないので、マイナスのポイントとはなるかどうかは面接官への話し方次第で大きく変わるといえるでしょう。

これまでやってきたことを面接での内容に織り込む

既卒からすぐの転職の場合には経歴が短いので話すべきことが少ないと思われがちですが、その短い期間でやってきたことを面接での話す内容に織り込むことが大切です。

例えば厳しい環境の中での仕事を強いられ、やむなく転職する場合でも、転職を決断するに至った一連の流れを詳細に話す必要があります。面接官が納得する話をすることが出来るかどうかが合否の分かれ目にもなりえます。あえて不利になる話をする必要はありませんが、何かを隠している様子があると面接官の心証が悪くなってしまいます。

そのため、基本的には正直に話すことが大切です。ただただ事実を伝えるのではなく、その時の自分の思いや今後へ向けての反省などを含めることが出来れば、熱意が伝わりやすくなるといえるでしょう。

第二新卒の面接では、面接官に簡単にやめる人材なのではと思われてしまうとそれだけで大幅に不利となります。そのため、自分が簡単にやめる人間ではないことをアピールする必要があります。既卒から何年でどんな仕事をしていたかを詳細に話し、やむを得ず退職を選んだことを伝えるようにしましょう。

仕事に対する責任感があることもアピールすることが大切です。仕事をやめるまでのスピードが速いと責任感がないのではと勘違いされてしまう恐れがありますが、やめることに対する責任についてどう考えているかを話すことで責任感を示すことが出来ます。

第二新卒の転職理由の例文を紹介

第二新卒の方向けの転職理由の例文を紹介していきます。この文面をそれぞれの状況に合わせて変えることによって対応させることが出来ます。

【以下例文】

「自分が所属しているプロジェクトのチームがコストを大幅に削減しなければならないという問題に直面しました。この時に自分なりの提案をしたのですが、まったく検討してもらうことが出来ませんでした。

なぜ自分の提案が検討されなかったのかを後日聞いたところ年齢が若く経験が浅いからとのことで、提案の内容と全く関係のない部分で却下されていたと分かりました。少しでも貢献ができるようにプロジェクトチームのメンバーと話を重ね、新しい提案も行いましたが、最終的にそれらが影響を持つことはなく採用されたのは上層部の決定のみでした。

この経験を通じて自らの未熟さと、会社という組織の難しさを実感しました。御社では年齢やポジションではなく、全ての社員の方々が建設的に意見交換をなさっていると知り、ぜひとも転職したいと感じた所存です。」

この例文のように前の会社での実際の経験と、そこから学んだことを内容に含めることが出来れば、転職理由を肯定的に解釈してくれる可能性が高まります。就職する際の心構えも内容に入れておくことが大切です。既卒から退職するまでに感じたことを細かく話し、考えながら仕事をしていることをアピールすることも重要といえるでしょう。

 

就職してからの経歴が少ない第二新卒では、退職理由の内容によって転職成功率が大きく異なります。誤魔化したりするのではなく、正直に話しつつも前向きな姿勢を示すことが重要といえるでしょう。あらかじめ大まかな内容を考えておくことも大切ですが、柔軟な応答が出来る心構えが必要です。

就職エージェントランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名第二新卒エージェント neo(株式会社ネオキャリア)就職Shop(株式会社リクルートキャリア)マイナビ20's(株式会社マイナビ)ウズキャリ(株式会社UZUZ)ハタラクティブ(レバレジーズ株式会社)
特徴1名あたりの平均サポート時間は8時間!大事なのは経験より相性!書類選考なしの企業を紹介人材紹介の大手マイナビ提供の就職エージェント!入社1年後の定着率は94.7%!15年以上に上るキャリアサポート実績!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事




サイト内検索