既卒・第二新卒の方必見!おすすめの就職エージェントを厳選し、比較ランキング形式でご紹介します!

第二新卒で効率的に就職するための成功ポイントとは?

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/10/05

既卒の人の中でも、比較的就職活動がしやすいのが第二新卒の人です。第二新卒は既卒のために新卒の人よりは就職活動がしにくい面もありますが、本人の努力によっては効率的に再就職をすることもできます。ここでは、第二新卒の人が再び職探しをする場合の、成功するためのポイントについて紹介します。

前職の経験が生かせるような職場を探す

第二新卒の人が効率的に再就職を成功させるためのコツは、前の職場で得た経験を生かせるような職場を見つけることです。今までしていた仕事とまったく別のタイプの仕事をする場合には、一から仕事を覚えなおせなければいけないので、雇用するほうにも大きなリスクがありますが、同じような職場で働いていた経験を持っている第二新卒ならば、企業も雇用しやすくなります

前の職場と同じような仕事をする職場に募集するときは、志望動機書なども工夫して書くことで、前職の経験を効率的にアピールすることができます。同じ系統の仕事をしたことがあるから、自分の経験を生かすことができるということも、立派な志望の動機になりますが、さらに前職の経験をアピールしたい場合には、どのような仕事をしていたのかを、具体的に記載することが必要です。

前に担当している仕事の内容がわかりやすいほど、雇用する企業の側でも、採用したあとのイメージがしやすくなります。面接を受ける場合でも、前の仕事のことを聞かれることも多いですが、どのような種類の仕事をしていたのかを具体的に説明することで、仕事の経験を効率的にアピールできます。

具体的にやってみたい仕事がある場合には、面接のときに言ってみるのも成功のためのコツで、やりたい仕事に前職の経験が生かせることを説明できれば、効果的なアピールになります。

前の仕事をやめた理由をしっかりと説明する

第二新卒をする人が、再就職をするうえで大きな壁となるのが、前の会社に入社してから、数年で辞職したという事実です。そのために、ほかの会社の試験を受ける場合でも、会社に対する忠誠心や、仕事の持続力がない人間だと思われることがありますが、そのようなときでも、前の会社をやめた正当な理由が言えれば、相手にもしっかりと納得してもらえます

会社を辞めた理由として、面接の担当者にも理解してもらいやすいのが、仕事が合わなかったからという理由です。自分に合わない仕事を一生続けていくことは誰にとってもつらいことなので、若いうちに見切りをつけて新しい仕事を見つけたかったと正直に言うことで、相手にも自分の考えを理解してもらいやすくなります。

仕事は好きだったけれども、職場の人間関係が原因で仕事を辞めた人もいるかもしれませんが、そのようなことも仕事を辞めた原因としては、相手に理解されやすいものです。働きやすい職場で働きたいという考えは若い人だけでなくても持っているものなので、仕事を数年で辞めたという悪いイメージも払拭することができます。

第二新卒として別の仕事を探すことを考えている人は、就職活動で説明することができる離職の理由を考えてから職探しの活動を始めたほうが、後々仕事が見つけやすくなります。誰にでも共感してもらいやすい辞職理由を見つけるのがコツです。

既卒の採用に積極的な企業を探す

第二新卒を対象にした求人情報を見つけて応募するのも、第二新卒の人が効率的に再就職を成功させるためのコツです。現在の日本では、全人口にしめる若い世代の人の数が急速に減少しているために、どこの職場でも若い労働者の数が不足気味になっています。

そのために、既卒であっても昔よりはずっと新しい仕事を見つけやすくなっているのですが、若い人材を確保するために、第二新卒の求人を専門におこなっているような企業もあります。このようなタイプの求人ならば、前の会社を数年で辞めたというハンディがあっても、新しい仕事を見つけやすくなるので、成功をするためにはくまなく求人情報を探してみるのもコツです。

就職説明会などは新卒の学生を対象にしているものが多いですが、最近では既卒の人を対象にしている就職説明会も数多く開催されています。第二新卒の人だけが参加できるような就職説明会もあり、一つの企業だけでなく複数の企業が合同で参加しているようなイベントもあるので、さまざまな職種の仕事から、新しい仕事を見つけることができます。

若手の人材を確保するために、第二新卒を積極的に採用しているような企業もあり、前の職場で働いていた経験もしっかりと評価してくれます。企業によって第二新卒の採用に対する考え方が大きく異なっている場合もあるので、採用に積極的な企業のほうが、再就職も成功しやすくなります。

 

第二新卒は新卒の学生と比較した場合、就職が難しい面もありますが、企業の中には既卒でも積極的に採用している会社もあります。再就職を成功させるためにはこうしたタイプの企業を見つけることが一つのコツで、前の仕事の経験が生かせる会社も、再就職がしやすい職場です。

就職エージェントランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名第二新卒エージェント neo(株式会社ネオキャリア)就職Shop(株式会社リクルートキャリア)マイナビ20's(株式会社マイナビ)ウズキャリ(株式会社UZUZ)ハタラクティブ(レバレジーズ株式会社)
特徴1名あたりの平均サポート時間は8時間!大事なのは経験より相性!書類選考なしの企業を紹介人材紹介の大手マイナビ提供の就職エージェント!入社1年後の定着率は94.7%!15年以上に上るキャリアサポート実績!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事




サイト内検索