既卒・第二新卒の方必見!おすすめの就職エージェントを厳選し、比較ランキング形式でご紹介します!

面接で好印象を与えるスーツの選び方とは?男女別にご紹介

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/09/24

既卒や第二新卒で就職を目指す方にとって、避けて通れない道が面接になります。資格やスキルを持っているとしても、面接の印象が悪いと採用してもらうのは難しいのです。そして良い結果を残すためには、服装も大切なポイントの1つです。スーツで気をつけるべき点を1つずつ確認して、少しでも採用される確率を高められるようにしましょう。

黒か濃紺のスーツに白無地のシャツが基本!

既卒や第二新卒などで就職を目指す方にとって気になる点の1つが、どのような服装で面接を受けたらいいのかという点です。服装の選び方で迷ってしまって、冷静に対応できないという方もいるかもしれません。

しかし実際の面接における準備というのは、服装以外にも話す内容の整理や志望動機の確認など行うべき点はいくつも存在しています。そのため服装選びだけに時間をかけている余裕はないのです。

では実際に既卒や第二新卒の方が面接を受けるとき、服装の選び方ではどのような点に気をつけたらいいのでしょうか。まず基本となるのが、黒もしくは濃紺のスーツを選ぶという点です。そして白無地のシャツが男女で共通している一般的な服装になります。

ほかにも男女で共通しているポイントが、靴の選び方です。靴はスニーカーなどではなく、スーツの色に合わせた革靴などを選択することになります。さらに、バッグはA4サイズが入る自立型で黒などの色のものを選ぶことが大切です。

就職試験において、その場にふさわしい服装ができるかどうかは、一般常識などがあるか確かめる大切な要素の1つです。周りに合わせられない場合には、協調性がないもしくは常識がないなどと判断される可能性もあります。その場にふさわしい格好をするのは最低限のマナーになるので、注意点を確認して服装だけでマイナスの印象を与えないように注意することが大切です。

男性が良い印象を与えるために注意するべき点とは?

既卒や第二新卒での就職面接において、男性はどのような点に注意したらいいのでしょうか。まずスーツの色に関しては、無地の黒もしくは濃紺が基本になります。

基本ということであれば、黒や濃紺以外のスーツを選んでも問題ないと考える方もいるかもしれません。確かに黒という決まりがあるわけではないので、グレー系を選ぶことも可能です。しかしグレー系のものは、年上のビジネスマンが着用することが多いもののため老けた印象を持たせることがあります。既卒や第二新卒のフレッシュさを出すためにも、黒や濃紺のものを選ぶことが大切です。

また就職の面接で着用するシャツは白無地の一択で考えていくのも1つの手です。ワイシャツでは色は白にして、襟の形にも注目することも忘れないようにしましょう。スタンダードな襟なら、どのような業界でも対応しやすくなります。一方ですっきりとした印象を与えたいなら、少し襟羽の開き角度が広いワイドカラーを選ぶという方法もあります。種類を把握して自分の体格などに合わせて使い分けましょう。

そして男性の場合には、ワイシャツのほかにもネクタイの選び方に注目することも欠かせません。特にネクタイは既卒や第二新卒の方の多くにはなじみがなく、選び方で困ってしまうケースも多く見られます。基本的に就職活動の場に適した色は、青や黄色さらにはグレーなどの色になります。色ごとに与える印象が異なるので、その点を考慮したうえで選択しましょう。

女性ならではのチェックポイントを知ろう!

女性が既卒や第二新卒の就職を目指すときに気になるスーツの選び方の1つが、パンツとスカートのどちらを選べばいいのかという点です。特定の決まりがあるわけではないので、基本的には自分が着やすいものや与えたい印象などを考慮して選択することが大切です。

例えばスカートの場合であれば、女性らしい華やかな印象を与えやすくなります。多くの就活生はスカートを選ぶので、こだわりがなければスカートにするのも1つの手です。

一方でパンツスタイルだと、クールな印象を与えられます。商社や外資系などのキャリア重視の業界を目指すなら、あえてパンツスタイルで面接に挑むのも選択肢の1つです。

女性が就職の面接を受けるとき、どのような靴を履くかも大切なポイントです。パンプスを選ぶことになりますが、革素材で先端が丸いデザインにしましょう。パンプスにはエナメル生や布製のものもありますが、見た目が異なるため印象が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。また先端がとがったデザインの場合にも、印象が悪くなる可能性があります。

さらに女性ならではの注意点が、どのようなストッキングを選ぶかという点です。就職活動の場では、肌色無地を選ぶのが基本になります。パンツスーツの下なら、黒のストッキングでも問題ないと考える方がいます。しかし黒のものは喪服に合わせるものなので、面接の場で履くのは避けましょう。

 

面接の服装というのは、試験官の印象を左右する大切な要素の1つです。スーツの選び方の基本は、黒もしくは濃紺のものになります。ほかにもシャツや靴の選び方に注意して、見た目の印象だけで損をしないように考えていきましょう。

就職エージェントランキング!

商品画像1
2
3
4
5
商品名第二新卒エージェント neo(株式会社ネオキャリア)就職Shop(株式会社リクルートキャリア)マイナビ20's(株式会社マイナビ)ウズキャリ(株式会社UZUZ)ハタラクティブ(レバレジーズ株式会社)
特徴1名あたりの平均サポート時間は8時間!大事なのは経験より相性!書類選考なしの企業を紹介人材紹介の大手マイナビ提供の就職エージェント!入社1年後の定着率は94.7%!15年以上に上るキャリアサポート実績!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事




サイト内検索